わきがの原因=多汗ではない!?知っておきたい汗の種類

汗を多くかくので、その汗臭さ=わきがと思い込んでいる方も多いと思います。
ですが、汗臭さとわきが臭は、完全に違いがあります。

 

「エクリン腺とアポクリン腺ってどう違うの?」の記事にもありますが、汗腺は、エクリン腺とアポクリン腺の2つがあります。

 

 

エクリン腺の働き

 

 

エクリン腺には3つの働きがあります。

 

@温熱性発汗

 

これは暑いときに出る汗です。
体温を37度前後に保つために、身体全体から出る汗です。

 

 

A神経性発汗

 

これは、緊張したとき、不安になったときに出る汗です。
手のひらや足の裏、わきの下から出る汗で、「冷や汗」もこの精神性発汗に入ります。

 

 

B味覚性発汗

 

これは、熱いものや辛いものを食べたときに出る汗です。
額や鼻、首などから出る汗です。

 

 

このように、エクリン腺から出る汗は、生理的な原因で出る汗で、汗自体ににおいはないのが特徴です。

 

 

アポクリン腺の働き

 

アポクリン腺は、体臭の原因となるにおいがある汗を作りだします。

 

動物で言うと、フェロモンのような働きをするのがアポクリン腺です。
人間の進化過程では、体毛が薄くなることで、それに伴いアポクリン腺自体も少なくなってきました。
そのため、体毛が濃いところ(わきの下、性器)だけにアポクリン腺が存在しています。

 

なので、フェロモン=わきがというとらえ方がしっくりくると思います。