エクリン腺とアポクリン腺ってどう違うの?

汗は汗腺というところから分泌されます。

 

この汗腺は2種類あり、それがエクリン腺アポクリン腺なんです。

 

エクリン腺

 

全身に無数に分布していて、肉眼では見えないほど小さい汗腺です。

 

エクリン腺から出る汗は、99%が水分。残りの1%に塩分や尿素、アンモニアなどが混ざります。
なので、お水のようにサラっとしていて、においはありません。
エクリン腺から出た汗は酸性。そのため、肌の常在菌が繁殖しにくく、においを抑えてくれます。

 

 

アポクリン腺

 

わきの下、おへその周り、耳の外側、乳首の乳輪、性器、肛門など、身体の一部だけにある汗腺です。

 

汗の成分は、タンパク質、脂質、糖質、アンモニアなどを含んでいて、粘り気のある汗が出ます。
なので、アポクリン腺からでる汗は、栄養たっぷり。
そのため、常在菌も繁殖しやすく、菌が発酵することによって、においを発生させます。
このにおいがわきが臭と言われています。

 

 

皮脂腺にアポクリン腺の汗が混ざると…。

 

また、人の身体には皮脂を分泌する皮脂腺があります。
この皮脂成分に、アポクリン腺やエクリン腺から出た汗が混ざると、さらににおいが強くなってしまいます。

 

動物性脂肪をたくさん摂ると、皮脂腺は活発に働き、ますます皮脂を分泌するので、ワキガや体臭の臭いが気になる方は、動物性脂肪を摂りすぎないようにすることで、改善することができます。